GAP 1969 MAGAZINE

MENU MENU

トレンドから定番まで “大切な人に贈りたい”冬ギフト特集

コーデに1つ加えるだけでぐんと今年らしくなるトレンドアイテムは、コーデに1つ加えるだけでぐんと今年らしくなるトレンドアイテムは、男性へのプレゼントにもぴったり!。そんな旬アイテムに加え、ルームウェアやスカーフなど、これからの季節に欠かせない冬の定番アイテムをピックアップ!大切な人への贈りものにいかがでしょうか?

Photo:TAKEHIRO UOCHI [TENT]
Styliing:DAISUKE HIROSE[Gap]
Edit:RHINO INC.

  • facebook
  • ツイート
  • LINEで送る

Gift List

KEYWORD01 RETRO SWEATERS

KEYWORD01 RETRO SWEATERS

柄にインパクトのあるセーターは、ベーシックカラーの着こなしに加えるだけでメリハリのあるコーデをつくることができる優れもの。ビビッドな配色のクレイジーストライプ柄や、ボヘミアンな印象をつくるフェアアイル柄が特徴的。ほどよい厚みのニットなので重ね着にも◎。

アースカラーでまとめる“アメカジ”の楽しみ方

アースカラーでまとめる“アメカジ”の楽しみ方

どこか懐かしいフェアアイル柄セーターに、デニムジャケットとダウンジャケットを合わせたレイヤードスタイル。ボリュームあるジャケットは、コーデュロイのスリムパンツでボトムスをすっきりとみせて。クラシカルな雰囲気漂うブラウンの小物でまとめれば、カジュアルアイテムの合わせも、落ち着きのある大人の着こなしに。

その他、セーターはこちら

KEYWORD02 CLEAN OUTERWEAR

KEYWORD02 CLEAN OUTERWEAR

冬のコーデを格上げするなら、カシミア素材やグレンチェック柄、キルティング生地などの高見えコートがイチ押し! ひざ上丈で腰回りをすっきりと見せて。グレーやベージュの落ち着きあるカラーが洗練された大人の印象をつくります。

テイストMIXを楽しむ品のあるワントーンコーデ

テイストMIXを楽しむ品のあるワントーンコーデ

チェスターコートは旬な“グレンチェック柄”で上品な装いを。タートルネックニットから中に着たチェック柄シャツをのぞかせて。ボーダー柄のマフラーを首にさっとかけてIラインを強調。スポーティなトラックパンツや小物は、ワントーンコーデならカジュアルさを抑えたタウンユースな着こなしを楽しんで。

その他、アウターはこちら

KEYWORD03 PLAID FLANNEL SHIRTS

KEYWORD03 PLAID FLANNEL SHIRTS

冬のコーデに欠かせないフランネルのシャツは、目を引くデザインやカラーを選んでコーデのアクセントとして今っぽく着こなして。羽織りや腰巻きはもちろん、上にニットを重ねてちらりとのぞかせてもGOOD! 春先まで使えて、着回し力のあるシャツは何枚あっても重宝します。

冬の定番“ネルシャツ”を大人カジュアルへと昇華

冬の定番“ネルシャツ”を大人カジュアルへと昇華

鮮やかなチェック柄のネルシャツを楽しむなら、落ち着いたチャコールグレーのカーディガンを羽織ってまとまりある着こなしに。リンスデニムとサイドゴアブーツで、きちんとした印象をプラス。トラッパーハットで遊び心を効かせて。バーガンディーのビッグトートはアクセントにぴったりです!

その他、ネルシャツはこちら

KEYWORD04 FLEECE TOPS

着こなしの幅を広げるあったか“フリース”が旬

着こなしの幅を広げるあったか“フリース”が旬

着回し力のある厚手フリースは、Gapロゴやカモフラ柄などキャッチーなデザインで遊びを効かせて。裏がフリース素材のタイプなら、暖かさをキープしつつ見た目もすっきり! コーデの印象を左右するフーディーやジッパーの有無で選ぶのも◎。ジャストサイズですっきりとみせたり、オーバーサイズでボリュームシルエットを楽しんだりと、サイズ違いで着こなしの幅を広げるのもおすすめです。

その他、ボアアイテムはこちら

KEYWORD05 ROOMWEAR

暖かさと華やかさを両立!遊び心ある“柄”に挑戦して

暖かさと華やかさを両立!遊び心ある“柄”に挑戦して

冬のルームウェアは、機能と見た目が両立したアイテム選びが鍵。フランネル素材で暖かさを、柄でコーデに彩りを加えてみて。リラックスした着心地を叶える、ウエストゴムと程よいフィットが嬉しいポイント。中がモコモコ素材のエコファースリッパで足元も暖かく。

その他、ルームウェアはこちら

KEYWORD06 SCARVES

何本でも欲しくなる!華やかな柄スカーフ

何本でも欲しくなる!華やかな柄スカーフ

肌触りのいいニット素材のスカーフは、柄や素材のバリエーションが豊富! 無地のコーデが多い人には、首元に柄を足すのがおすすめです。赤×緑のチェック柄でアクセントを加えたり、モノトーンでシックに仕上げたりと、スカーフを主役に新たなスタイルに挑戦してみて。巻き方ひとつで印象がガラリと変わるのもポイント。

その他、スカーフはこちら

FASHION

2018 WINTER

2017 WINTER

2017 WINTER

2017 WINTER

2017 WINTER

2017 WINTER

2017 Winter