GAP 1969 MAGAZINE

MENU MENU

“大人のフェミニン” 春の着こなし術

春に向けておしゃれをアップデートするなら、欠かせないのがフェミニン服。フリルブラウスや柄ワンピースなど着るだけで春めくフェミニンアイテムを今年っぽく着こなすコツは、テイストMIXや色使いでカジュアルにハズすこと!甘い服のほっこり感を解消する、鮮度の高い着こなしテクニックをご紹介します。

Photo:KAZUMASA TAKEUCHI [STUH]
Stylist:SAYAKA KAWAKAMI
Hairmake:HARUMI KANBE
Model:YURI TAKEUCHI [ENERGY]
Edit:ERI UMEDA

  • facebook
  • ツイート
  • LINEで送る
金子綾
女性ファッション誌や各種メディアから引っ張りだこの人気スタイリスト。元金融勤務からの転身という、異色の経歴を持つ。自身の経験を生かした、リアリティがありながらどこか洗練された女性らしいスタイリングにファンも多数。
Femine Style 01
ルーズなカーディガンでフリルブラウスにこなれ感を

胸元にフリルをあしらったレディなブラウスに、リラックス感たっぷりなニットカーデを羽織ることで大人の余裕を感じるスタイリングに。女性らしさを際立たせるブラウスのシアーな素材感とヴィンテージライクなダメージデニムのコントラストが、着こなしをさらに格上げ。

大ぶりなギャザーフリルがデコルテ周りをヘルシー見せ
Femine Style 02
プリーツスカートがクールにキマるスモーキーカラー

女性らしいフレアのプリーツスカートは、定番の白Tシャツでハズすとカジュアルすぎ。グレイッシュなスモーキーカラー同士を組み合わせることで、大人っぽさと今っぽさを両立したハンサムなスタイルに。鮮やかなブルーのバッグで、ニュアンスカラーを引き締めて。

ブルーとグリーンの寒色同士でシックに
Femine Style 03
旬なギンガムチェックをマニッシュなテンションにシフト

サックスブルーが爽やかなギンガムチェックシャツを、色あせが絶妙なデニムにインしてメンズライクにアレンジ。ウエストインの野暮ったさと、チェックのかわいらしさが程よく調和した、抜け感コーデが完成。大きめサングラスが、かっこいい女性像を演出。

コンパクトなコーデは大ぶりバッグでバランスを
Femine Style 04
レディなレースチュニックこそモノトーンでかっこよく

繊細な白レースをのせたチュニックは、オールブラックでまとめることで凛とした女性らしさをアピール。ボリューミィなレースあしらいも、タイトな黒スキニーで抑制を効かせれば、落ち着きのある可憐さを演出。ストリートなメッシュバッグで、カジュアルを呼び起こして。

大人に似合う程よいダメージ
Femine Style 05
軽やかなリネンのチュニックがワイドパンツでハンサムに

淡いブルーとピンクのストライプが、レトロな可愛さをアピールするフレアスリーブのチュニック。ハイウエストワイドパンツにインすることで、スタイリッシュかつハンサムにキマる。チュニック自体もコットンではなくリネン素材を選ぶことで、リラクシーなニュアンスに。

エレガントなアクセントが加わるワイドスリーブ
Femine Style 06
レトロな花柄ワンピースは小物使いで旬なスポーツMIX

1枚で楽しみたいトレンドの花柄ワンピースは、ボーイッシュな小物が頼り。スポーティなキャップやスニーカーを加えるだけで、格段に今っぽい。Vネックやタイトシルエットなど、女性らしいディテールのワンピを選ぶことで、MIXコーデにありがちな子供っぽさも回避。

メリハリのあるシルエットが鍵

FASHION

2018 SPRING